blog.sh1ma.dev

プログラムが好きです
2023-01-08

asdf, direnvをやめてmiseに移行する

これまでasdfでpythonやnodejsのランタイムのバージョン管理、 direnvを使ってディレクトリごとの環境変数管理をしていましたが、 最近になってmiseといういい感じそうなバージョン管理ツールを見つけたのでインストールしてみようと思います。

asdf・direnvのアンインストール#

自分はhomebrewでインストールしていたので、brew uninstallでアンインストールしました。

brew uninstall asdf direnv
brew autoremove

miseのインストール#

miseのGetting Startedそのままの手順でいけそうです。

オプショナルな設定など、詳細は公式のほうが詳しいです。

curl https://mise.jdx.dev/install.sh | sh

.zshrcにパスを追加します

eval "$(~/.local/bin/mise activate zsh)"
export PATH="$HOME/.local/share/mise/shims:$PATH"

ターミナルを再起動するとmiseコマンドが使えるようになっています。動作確認します。

mise -V

出力:

2024.1.12 macos-arm64 (3750934 2024-01-07)

いい感じですね。

miseを使う#

早速使ってみます。

miseには以下の2種類の機能があります。

  • ランタイムのバージョン管理
  • ディレクトリごとの環境変数管理

どちらも便利そうなので試してみます。

ランタイムのバージョン管理#

まずはnodejsの20系をインストールします。

mise use --global node@20
node -v

出力:

v20.10.0

うーんいい感じ。メジャーバージョンだけ指定すれば勝手にインストールしてくれるのは嬉しい。
ちなみに.tool-versionsのあるディレクトリでmise useを実行すると、指定されたバージョンがない場合は自動でインストールしてくれました。

ディレクトリごとの環境変数管理#

次にディレクトリごとの環境変数管理を試してみます。
direnvとは違い、.envrcではなく.mise.tomlというファイルを作るようです。(.envrcを使う方法・設定もありますが割愛します)

適当なディレクトリに入り、.mise.tomlを作成します。

[env]
HELLO = "WORLD"

有効化するには、direnvdirenv allowと同様にmise trustを実行する必要があるようです。

mise trust

出力:

mise trusted /Users/sh1ma/tmp/.mise.toml

mise envで環境変数を表示できます。

mise env | grep HELLO

出力:

export HELLO=WORLD
echo $HELLO

出力:

WORLD

良さそうですね。

まとめ#

asdfとdirenvに不満は感じていなかったのですが、2つのツールを使っていたところを1つにまとめられてスッキリした気がします。
あ、ホームディレクトリの.gitignore.mise.tomlの追加を忘れないようにしなきゃ。